FC2ブログ

記事一覧

かんきつ 新品種 あすき  糖度が高く種が少ないオレンジの香りが強い中晩柑

サンプル



あすき 
農研機構より引用

こんばんは、今回はかんきつの新品種の紹介です。
これからは温州ミカンに始まり、カンキツ類がそろそろ出荷の時期を迎えてきますので
カンキツ類の新品種または美味しい品種などを多めに紹介していこうと思います。

今回紹介するあすきはカンキツの最新品種であまり情報が出ていなかったので
紹介していこうと思います。

ちなみに今回は果樹種苗の2018年2月号第149号の解説もかみ砕いて紹介していきます。
果樹種苗についてはこちらで紹介しています。
果樹種苗8月号 届きました!





カンキツ新品種 あすきについて


このあすきは農研機構果樹茶研究部門カンキツ研究拠点によって交配選抜し、開発された品種です。
カンキツ興津46号とはるみを交配して開発されました。

ちなみにカンキツ興津46号はスイートスプリングとトロビタタオレンジの交配種です。
そしてこのあすきは糖度が高くなって美味しいあすみと同じ交配親なので兄弟品種にもなります。

あすみは糖度がとても高く、かなり美味しくなりますがとても育てにくい品種です。
あすきはその糖度が高い所が一緒ですが、より栽培しやすく育てやすい品種にしたようですね。

味については糖度はとても高く15度にもなって酸味もそこそこ低いようです。
オレンジの香りが強く種は少なくとても食べやすい品種です。


味に関しては食味の良いあすみの兄弟品種である事、オレンジの風味があること
糖度の高い事を考えればかなり期待できそうですね。


果実の大きさは180gとやや大きめですかね。
果皮はみかん色で全体に綺麗に色づくようです。

あすみはやや皮が固く私も食べたことがあるのですが
剥くのが難しく皮がバラバラになってしまいます。

あすきはあすみと同じくらいの皮の剥きやすさですから
小さい子供では一人でむけないかもしれません。

あすきの収穫期は2月下旬から3月上旬だそうです。
カンキツ類は収穫期がぴったりはまることが多いのが良いですね。

ブドウなんかだと例えばシャインマスカットの収穫期は8月上旬あたりから9月中下旬くらいと
栽培地によってかなり収穫期の幅があるので自分の地域の収穫期が予想しにくいですね。

カンキツ類の場合、だいたいカタログに書いてある収穫期あたりにぴったり当たります。
恐らく栽培している地域が比較的温暖な地域でまとまっている分気温の上下が少なく

収穫期の振れ幅が少ないのだと思います。







栽培について


このあすきは栽培しにくいあすみの兄弟品種ですからいくら栽培しやすくなったと言えど
どこか弱点のような所があると思います。

あすきの兄弟品種あすみを栽培して3年ほどたちますが2年生の苗を買って
60ℓポットで育てているのにも関わらずいまだに花が咲きません。

見た感じ樹勢が弱くて枝の伸びが悪いのもあると思いますが
それにしてもあすみは花が咲かな過ぎだと思います。

同じハウスで10種ほど栽培していますが、現在全く収穫できてないのは
このあすみだけですね。

ポット栽培でこれですから、露地植の場合実が成るまでに他の品種より長く時間がかかる気がします。
兄弟品種のあすきも同じような事になるとなかなか栽培に踏み出しにくいですね。

病害虫についてはそこまで弱くはないようですが、かいよう病にだけは気を付けた方がいいですね。
ただかいよう病はICボルドーをまいていればそこまでひどくなりません。

果皮が汚れたりしますので、実が大きくなってからは使えませんが・・・
あとカンキツ類にICボルドー66Dを25倍で撒くと葉に薬害が出るので50倍くらいにしときましょう。
50倍でもしっかりかいよう病は抑えれます。




後種子数が少ないのがこのあすきの特徴ですが花粉が多い品種が近くにありますと
種子数が増えますので気を付けてください。このことは他のカンキツでも言えますが。

冬季は温暖な地域がいいようです。あまりに寒い地域だと着色が悪くなるようです。
せとか等が問題なく栽培できる地域でしたら大丈夫でしょう。

苗木について


あすきの苗木については農研機構がウイルス、ウイロイドを無毒化したものを作り
そこから穂木を普及するようです。

今年発表されたばかりですから、穂木が各苗木屋にくばられてそこから増殖して
発売になるわけですから、早くても3年くらいはかかるんじゃないでしょうか?

それまでは期待しながら待つしかないですね。
もし新しい情報が入ればすぐにでも記事にします。



果実を購入するには


苗木もまで発売していませんから、果実を買うとなると
それより先の早くて5年後くらいになるかもしれませんね。

出来れば早く苗木が発売してほしい物です
一応私も苗木を買う予定です。







まとめ

あすきは多くの美味しい品種が収穫期を迎える2月下旬から3月上旬の中でも
食味が良い品種という立ち位置になりそうですね。

後は栽培のしやすさがどれほどかによって品種の普及率が変わってくると思います。







関連記事


カンキツ類 品種紹介 ブラッドレンジ  アントシアニンがタップリで美味しいです

品種紹介 桜島小みかん 小玉で糖度が高いみかん 育て方や苗木等

カンキツ 品種紹介 スイートレモネード 食べるレモン 育て方や苗木も
















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル