FC2ブログ

記事一覧

長野県 新品種 ぶどう長果11 ついに名前が決まりました!

tyouka11
長野県ウェブサイト信州より引用

こんばんは、今回は以前からたびたび紹介していました長野県の新品種ぶどう長果11に名前が決まりました。
今回はその長果11の名前と新たに判明したことをお伝えします。


長果11についての関連記事はこちらから。
長野県ぶどう新品種「ぶどう長果11」 今なら名付け親になれるかも?

長野県ぶどう新品種「ぶどう長果11」 について公募終了しました。







ぶどう長果11の正式名称について


さてぶどう長果11の正式名称ですが、クイーンルージュになりました!
なぜこの名前にしたかははっきりと理由は書いていませんが

私の予想ではこのクイーンルージュは海外輸出も考えている品種のようで
外国の方にもわかりやすいように日本語ではなくクイーンルージュという名前にしたのだと思います。

ちなみに輸出についてはあまり前例がないようですが、とても難しいと思います。
私も以前輸出を考えていて講義を聞きに行きました。

そこで聞いた話だと例で桃の話が出てきたのですが、輸出の時には防疫の関係で
絶対に病害虫を入れてはいけないのでかなり厳密な検査が設けられていました。

また外国からの審査などもあり、その費用なども負担しないといけないことから
施設費、検査費、審査費などかなりお金も労力もかかるようでした。

ですので輸出することは大変だとは思います。
しかしそれを長野県が先陣を切って新たな売り場を確立してくれると私としては助かりますけどね。








クイーンルージュ(ぶどう長果11)について新たに分かったこと


新しく分かったこととして、上記の輸出についてが1つ目です。
他にも2022年からの本格出荷を目指すとのことなので食べれるようになるのはだいぶ先の話ですね。

ただ今年の秋から苗木の配布を行っているはずですから
早い人ですと2020年には出荷できている人もいると思います。

ただ長野県全体としてはかなり少ない出荷数ではあると思うので、
私たちが買うことが出来るかどうかは不明ですね。

一応私も長野県に行って見て2020年くらいまでには作っている人を探してみようと思います。
仲良くなればもしかしたら食べさせてくれるかもしれないですからね。

後は品種登録についてですが、普通の場合日本での登録だけですが
今回の場合クイーンルージュは海外での品種登録を行ったようです。

最近話題になったシャインマスカットに事もあって、さらに海外輸出を考えてることもあるので
異例の海外品種登録に踏み切ったようですね。

ちなみに海外の品種登録の場合はわかりませんが
日本の品種登録の場合、例えばこのクイーンルージュとさらにシャインマスカットを交配して新品種Aを開発します。

普通だとこのクイーンルージュを作った方とシャインマスカットの作った方にも新品種Aを使う権利があるように思いますが
この場合は新品種Aを作った方に許諾を頂かない限り、増殖や販売が出来ないのです。

ですので、クイーンルージュを作っている方が、知り合いに花粉を渡して、
それをシャインマスカットにかけて新品種A作ってしまうというようなことがあるかもしれないわけです。

ただこの場合クイーンルージュとは同一品種ではないので大丈夫なのですが、
クイーンルージュに限りなく近い品種の場合は兄弟品種として認められるので

クイーンルージュの方にも権利がいく事があるようです。
ただどのようにして兄弟品種として認定しているかは謎です。

ただ県限定品種の場合はまず契約するはずなので、
そこにクイーンルージュを使ってできた品種は長野県の物とするという一文が入っていれば

新品種を作られたりすることはないと思います。
実例で言うとイチゴのかおり野がそうでした。

ですので、イチゴのかおり野は大変優秀な品種ですが
かおり野を使ってできた新品種はまだないはずです。

しかしこの契約がどこまで法的に有効なのかはわかりませんね。
ちなみにこういう話はこちらの本に書いてあります。

種苗法について書いてある本は少ないですが、この本はとても分かりやすく
しっかり理解できました。

かなり細かい事まで書いてあります。
例えば農家の自己増殖はどれだけの数なら大丈夫なのか?とかです。



ちなみに海外だとこのように新品種Aが作られないようにする制度もあるようです。
ただそうなるとかなり新品種の作成は遅れるような気がしますので、難しい問題ではあると思います。

現に現在の新品種はシャインマスカットを片親にしたものがかなり多く
その品種がかなり優秀で広く普及しています。

もしこのシャインマスカットが交配に使用できないとなると、多くの有望な品種が存在しなかったでしょうね。
クイーンルージュについてもう少し知りたい方は長野県のプレスリリースを見てください。

県育成の新品種「ブドウ長果11」の名称を「クイーンルージュ」に決定しました









関連記事
長野県ぶどう新品種「ぶどう長果11」 今なら名付け親になれるかも?

長野県ぶどう新品種「ぶどう長果11」 について公募終了しました。

ぶどう 品種紹介 「長野パープル」 全国で生産解禁か?

長野パープル  苗木と栽培マニュアルについて

ぶどう新品種 シャインマスカット 種あり 病害虫 栽培マニュアル 赤いシャインマスカットも紹介

ぶどう マスカット系品種の記事まとめ これを見ればマスカットに詳しくなれます!

赤いシャインマスカット 新たに誕生  ぶどう王国山梨県が育種しました!









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル