FC2ブログ

記事一覧

苺のマルチ張り終了! 各品種の生育状況の報告も

イチゴ マルチ2018


こんばんは、やっとの事でマルチ貼りが終了しました。
今は比較的暖かい日が続きますが、これからどんどん寒くなっていきますから

マルチの保温効果はとても大事になってきます。
現在は脇芽取りとランナー取りをしています。

そして現在の各品種の生育状況を報告していこうと思います。
今年はとても順調で病気もなくいい感じです。




よつぼし

今年栽培している品種の中で一番初めに収穫できそうです。
現時点で少しずつ開花してきて、開花してないものもほとんどが蕾が見えている状態です。

収穫は12月くらいからできるんではないでしょうか?
樹勢も強く、葉がとても大きい状態で、このまま寒くなっても順調に成長しそうです。
若干葉に灰色カビがみられるようですが、そこまで被害は大きくないので

もう何回か農薬散布をすれば、問題ないと思います。
問題はあまり生育が良すぎると糖度の乗りが悪くなりますから

収穫前にはできるだけ生育を抑えつつも次に収穫する実の成長が遅くならないようにしたいです。
最低でも糖度15度程度にはしたいですね。

このよつぼしは脇芽がとても多くて脇芽とりの管理が少し大変ですね。
特に春からは大変なことになりそうです。






紅ほっぺ


よつぼしの次に収穫できそうな品種です。
恐らくクリスマスには間に合うと思います。

ただ今年は苗のばらつきが大きかったようで、開花しているものもあれば蕾すら見えてないものもありますね。
来年はばらつきが内容に苗作りすることが目標ですね。

この紅ほっぺもとても樹勢が強く、葉がかなり大きく生育は順調です。
樹勢の強さでいうとよつぼしと同じくらいですかね。

たまたま早く咲いた小さい実が収穫できたので糖度をはかってみると13度ありました。

収穫期にもう少し樹勢を抑えれたら糖度15度はいけると思います。
状態が良ければ18度くらいも狙えるかもしれませんね。






もういっこ

こちらは紅ほっぺの次か同じくらいに収穫できると思います。
クリスマスには間に合うか微妙なところです。

もういっこは今年は苗が良きできていたようですごく均一に花が咲いてきています。
少しずつですが、花が咲いてきていますね。蕾も結構見えています。

樹勢は紅ほっぺや、よつぼしほど樹勢は強くないですが、順調に生育しています。
葉の長さは紅ほっぺよつぼしの方が長いですが、葉の展開速度は同じくらいに思います。

またよつぼし紅ほっぺは葉にカルシウム欠乏が目立ちますが
もういっこはそれに比べて葉のカルシウム欠乏は少なく思います。

この品種は花数が少なく、その分1つあたりの実が大きいのですが
今年は花がとても大きいですから、いつも以上に大きな実になりそうです。






やよいひめ

定植時期は遅くよつぼしより1週間ほど遅く植えましたが、順調に生育しています。
樹勢はやや強めで、よつぼしより弱く、もういっこより強い感じですね。

開花はまだ全くしていませんので、収穫は12月下旬から1月からになると思います。
ただ葉の展開は速いですからもう少ししたら蕾がみえてくると思います。

ちょうど樹勢のバランスがとれたいい状態に思います。
このままいけば糖度の高い大きな実がとれる気がします。

去年はかなり寒かったのもあると思いますが、樹勢が弱く実が綺麗な赤色にならず
ピンク色で見た目が少し悪かったですが

ただ今年は去年よりいい状態できていますから
この状態のままでいけばきれいな赤色になると思います。







桃薫


一番定植が遅くなおかつ、一番収穫が遅くなる品種です。
当然ながら開花はまだ時間がかかると思います。

樹勢はかなり弱く、葉も短いですからやや休眠に入りかけているように思います。
またマグネシウム欠乏が若干見られますね。

樹勢の弱さにマグネシウム欠乏が影響しているわけではないと思いますが
収量の悪影響を与えるかもしれませんから、葉面散布などで対応したいと思います。

恐らく他の品種よりマグネシウムの供給量が多いのかもしれませんね。
このまま休眠が進むとかなり生育が遅くなりますからできるだけ休眠しないようにしていきたいです。

去年は樹勢が弱すぎて糖度の乗りが悪く収穫はかなり遅れて2月からでしたが
今年はしっかり根も張ってますし、このまま樹勢を維持しながら収穫まで迎えれたら

1月には収穫できると思います。
また他の品種よりじっくり育ちますから樹勢さえ維持できれば糖度20度も狙えると思います。

桃薫を作っている方はあまり多くないですが、その中でも糖度が20度もあるようなものを作っている方は
かなり少ないと思います。

桃薫は糖度が高いほど桃の香りや味も強くなりますから、とても美味しい桃薫になりそうです。
ただ春になると急激に味が落ちてくるのでできるだけ冬の間に収穫したいですね。







まとめ


今年は全体的に根張りがよく、生育も順調です。
このままいけば去年よりはたくさん採れると思います。

できるだけいろんな方に食べて頂きたいのでできればフリーマーケット等にも参加していきたいと思います。
その時事前に参加の報告をしようと思います。

また収量が多くなって、味が悪くならないように徹底した管理をしたいと思います。
美味しい物を作るのが一番大事な目標ですからね。









関連記事



イチゴの最新品種あまえくぼの苗の購入先について

イチゴ 最新品種 紹介 あまえくぼ 国育成の糖度が高く大玉の病気に強い早生品種

農家が選ぶ 美味しいイチゴの品種5選

糖度19度まで出したイチゴ農家が教える 美味しい大粒イチゴの 作り方 露地植えでもプランター植えでも

イチゴ 兵庫県オリジナル新品種 あまクイーン 紅クイーン 

アオハタが育種した理想の品種で作る絶品の国産ジャム 新品種夢つづき使用

イチゴの定植が終わりました。 今年度イチゴの品種の紹介も

ぶどう お勧め美味しい10品種 赤黒緑それぞれ


今が買い時! カンキツ 糖度が高く美味しい新品種をまとめて紹介その1 苗木も買えます!


今が買い時! カンキツ 糖度が高く美味しい新品種をまとめて紹介その2 苗木も買えます!

今が買い時! カンキツ 糖度が高く美味しい新品種をまとめて紹介その3 苗木も買えます!

今が買い時! カンキツ 糖度が高く美味しい新品種をまとめて紹介その4 苗木も買えます!


新たなジャンルを開拓したいあなたへ




りんご 果肉まで赤い品種をまとめて紹介 その1



りんご 果肉まで赤い品種をまとめて紹介 その2











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル