FC2ブログ

記事一覧

土壌医の結果について

こんにちは、梅雨が明けて大変暑くなってきましたね。皆さん体調いかがでしょうか?
私も昼間は中々作業できないので、そうした時にブログの更新をできればと思っています。

さて、前回の土壌医の記事から随分時間がたってしまいましたが、今回はその土壌医の結果についてです。
前回の記事はこちらからどうぞ。
土壌医についても軽く触れてますから興味のある方はどうぞ読んでみてください。

土壌医試験1級受けてきました! それとイチゴの販売先について


図解でよくわかる 土・肥料のきほん: 選び方・使い方から、安全性、種類、流通まで (すぐわかるすごくわかる!)


土壌医の結果について


土壌医1級を合格するには、テストに合格するのとレポートに合格するという2つの課題クリアしないといけません。
私的にはどちらもいい感触でできたのですが、今回の結果はなんと・・・

不合格でした・・・・

テストの方は点数が公開されていませんので、合格点に達してたか分かりませんが
レポートの方がなんとC判定という事で不合格でした。(レポートはB判定以上で合格です。)

一番最悪なのはどちらも合格点に達してないという事ですが
恐らくテストは大丈夫なはずです・・・

こういう時テストの点が公開されてないのが、余計不安を煽りますが
自分の中ではちゃんとできたつもりなので、テストは合格できたという事にしておきます!。

問題はレポートなのですが、なんとC判定ということで合格まであと1歩とかなり惜しかったです。
レポートは評価結果だけではなく、参考となるヒントも載せてくれたのですが

ざっと簡単に書くと以下のようになります。

農家を指導した場合、より詳しく書くこと(○○について、どこの地域で何名程度に指導した等)

土作りに主眼を置いたレポートが大事(商品や資材に注目ばかりして土作りが疎かにされていないこと)


とありました。

この2つを踏まえるとやはり農家である私が受けるのはかなり不利に思います。
農家とってもまだ新米の私ですから指導することなんてないですし、
講演会など大勢の前で発表することもめったにありません。

恐らく多くの農家さんはそうだと思いますが、その事を考えると
農家にはとても不利に思います。

ただ不利な分かなりレポートでは評価を甘くしてくれてるんではないかとは思いますが・・・
そしてもう一つの要素に土作りとありますがこれも難しい問題だと思います。

この時の私のレポートははっきりとは言えませんが、転炉スラグについてのレポートでした
ですが、転炉スラグという物は厳密にいえば施肥改善であって土作りではありません。

本来の意味での土作りで言えば、堆肥を使う事等、土自体を作り
収量改善すること等が土作りに当たるのだと思います。

そういう意味ではレポートの評価をC判定にして頂いたのはかなり評価を甘くして頂いているのだと思います。
ただそうなると出来ることはかなり少なくなってしまいますね。

特に農家の場合は実際に作物を作っていきながら実験的に土作りをやっていかないといけないので
とても大変です。

また来年も1級を受けようかと思っていますが、この土作りにすごい悩まされていて
どうやってレポートを書こうかずっと悩んでいる状態です。

恐らく土作りといっても施肥改善も一応土作りの中には入っていると思いますが
レポートを採点する人の考え方によって大きく変わってしまうので無難に堆肥などを使った収量改善等を

レポートのする方がよさそうです。







土壌医1級を受けてみて


実際土壌医1級を受けてみて、今回は合格しませんでしたが
受けること自体に意味がありました。

1級を受けるとなるとしっかり勉強をして試験に挑むわけですが
その1級の勉強がとても役に立っています。

試験を受け終わってもうかなり時間が経っていますが、
それでも1級で学んだことを日々の農業で活かしています。

例えば現在栽培中のブドウではマグネシウム欠乏が出ていますが、
マグネシウム欠乏は大雑把に言えば10aに10kg以上あれば出ることは少なくなりますから

まずそこを目安にマグネシウム肥料を施せばいいという事がわかります。
後はマグネシウム欠乏は栽培の後期に(ブドウで言うと実がかなり大きくなってから)

起こりやすい訳ですから、来年芽が出た時にマグネシウム欠乏出ていなくても
しっかりとマグネシウムを施すことで、今年マグネシウム欠乏が出た時期に来年なった時にも

マグネシウムが足りなくならないように計画的に施肥することが出来ます。
今言ったことはほんの一部だけでまだまだ学べることは沢山あります。

1級の範囲は多岐にわたるので、病害虫の事や作物の事、肥料の事など沢山の事を学べます。
特に自分がやっていなく作物の事を知れるのは大変面白いですね。

なかなか自分から栽培していない作物の知識を得る事はないですからね。
例え栽培していなくても農家仲間等にアドバイスする場合はより的確なアドバイスができるようになりますね。

このように土壌医1級を受けるメリットは沢山あります。
私は特に農家の方に受けてもらいたいですね。

大事なのは受かる事ではなく、知識を得ることですから恐れずに挑戦してもらいたいです。
1級の中でも特に果樹と腐食の関係についてはしっかり学んで頂きたいです。

堆肥を万能な物だと考えている方が多いですが、デメリットもあって
使い方次第だという事を多くの方にわかって頂きたいですからね。

この腐食と果樹の問題はいつかこのブログでも記事にしていければと思っています。






これから1級を受ける方へ


これから1級を受ける方に私なりの経験を伝えれたらと思います。
まず1級の勉強については過去問を解いていくのが一番早いと思います。

私の勉強してた時は過去問しか読んでいませんでしたが、
ほとんどの問題は過去問を読んでいれば理解できる問題ばかりでした。

ただ1問だけ過去問には書いてない問題があったので、完璧に勉強したい方は
土壌医協会が発行している土壌診断と対策(1級対応)を読んでみることをオススメします。

過去問と土壌診断と対策(1級対応)の購入はこちらからどうぞ。
土壌医試験1級参考書
  
後、すごく大事なのが記述問題です。
1級は記述問題があって結構な配点になっています。
ですので、記述問題を解けるとかなり合格に近づきます。

ただこの記述問題とても難しいです。
私も今回の土壌医試験1級で解きましたが、

正解したと確信できる問題はほとんどなかったです。
この記述問題を解くにはしっかり細部まで覚えておく必要があります。

まずは過去問でどんな感じなのかを理解していく事をオススメします。
ただ問題なのは記述問題は恐らく過去問にでている問題を再び使う事はないですので

他に出そうなところを予想して覚えていくしかないですね。
そういう意味でも記述問題は完璧に細部まで覚えてくる必要があります。(特に数字や名称は覚えておきましょう)


山梨県産 桃 8玉入り センサーで糖度を測定し最も高い基準をクリアしたプレミアムピーチ、大糖領! 日川白鳳、白鳳、加納岩白桃、浅間白桃、なつっこ、一宮白桃、川中島白桃と移り変わる桃源郷の軌跡

引き続きレストランぶどう販売


話はかなり変わりますが、以前イチゴの時にレストランで使ってもらっていると記事にしましたが
イチゴ同様、ブドウもレストランに使ってもらう事になっていますので、珍しい品種を食べたい方や
美味しい料理が食べたい方は是非行ってみてください!

レストラン ラ プロヴァンス/ LA PROVENCE





今回は以上です。
惜しくも土壌医試験1級には受かりませんでしたが、また来年受けたいと思います。
そして他の多くの方にも受けて貰えればと思っています。

最近あまりブログの更新ができませんでしたが、これから当分は時間が取れそうなので
できれば1日1記事くらい更新していこうと思います。

アクセス数も知らない内にかなり増えてきて嬉しい事ですが
私自身が少しブログの内容について迷走しています。

もう少し農家よりな専門的な知識の内容にするか
もっと簡単な家庭菜園レベルでも楽しめる内容にするか非常に悩んでいます。

まずは記事を書いてみてアクセスの傾向を見ながら考えていこうとは思いますが
何か知りたいことなどあったらコメントして頂けると非常にありがたいです!



土は土である: 作物にとってよい土とは何か







関連記事


ぶどう 新品種紹介 カッタクルガン 食味最高皮ごと食べれる大粒高級緑品種

ぶどう 品種紹介 サンヴェルデ さわやかな味の巨峰系 育て方 苗木

ぶどう 新品種紹介 翠峰  大粒甘くてジューシーな緑色品種 育てた方 苗木

ぶどう 新品種紹介 黄華 マスカット香る緑色大粒種

ぶどう 新品種紹介 昭平紅 謎に包まれた大粒赤色皮ごと品種 育て方 苗木


ぶどう 新品種紹介 果肉真っ黒アントシアニンたっぷり皮ごと食べれる黒系ジーコ


ぶどう 新品種紹介 銀嶺 メロンの味がするぶどう 育て方、苗木

ぶどう 新品種紹介 雄宝 超大粒の緑系品種 驚きの皮の薄さと美味しさ。

ぶどう 新品種紹介 シャワーマスカット 格別に強いマスカット香の大粒品種

ぶどう 新品種紹介 島根スイート 名門同士を交配したスーパーエリート


ハウスブドウが収穫終了したので、栽培した品種で皮ごと食べれて味が良かったものTOP5

皮ごと食べれるマスカットオブアレキサンドリアの可能性


新たなジャンルを開拓したいあなたへ


極旨!蜜たっぷりの黄色のりんご4品種 糖度高く美味しい新品種達です! 苗木と購入先も 

ビワ 新品種  BN21 早生の美味しい品種




スポンサーサイト



コメント

土壌医

 試験残念でしたね。
土壌医試験問題集は4択で間違い3問をどうして間違いなのかが解らないといけません。後 筆記対策問題集の要点は素早く書けないといけません。
 レポート Bは良いですね。
ちなみに 土壌医試験4回目で合格した者の意見です。

Re: 土壌医

コメントありがとうございます!
やはり1級ともなると完璧に理解していないと解けないのでなかなか合格は難しいですね・・・

特に筆記対策問題集は得点が高いだけあってかなり難しかったです。
次の受験時には筆記対策問題集をもう少し解けるようにしておかないといけないと思いましたね。

1級は今年初めて受けたんのですが、この調子ですと何回も受けないと受かりそうにありません。
4回で合格した雪だるまさんはすごいですね。

ちなみに雪だるまさんはどのようなレポートを出されましたか?
参考程度に簡単でいいので教えて頂けませんか?






コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル