FC2ブログ

記事一覧

ぶどう品種の分類について 欧州系と 米国系、マスカディニア、日本固有種(野生種)

こんばんは、今日は葡萄の種類についてです。
ぶどうはとても品種が多いのですが、生食でよく食べられているものは欧州種と米国種とこの二つの交配種(欧米雑種)に分類されているものがほとんどです・
今回はそれ以外に日本の固有種と、マスカディニアと呼ばれる少し変わった種も紹介します。



米国種
まずは米国種ですが、この系統の品種はアメリカ原産のぶどうで、
雨が多い気候で育ったのでとても病気に強く、同じく雨の多い日本に適用しています。

粒は欧州系に比べると小さ目で、味は糖度が高くなりますが、皮が厚いので皮ごと食べれるものはほとんどありません。
また狐臭という独特の匂いがありこれがワインの生産者に嫌われているため、ワインの生産にはあまり使われません。

欧州系はかなり病気に弱く栽培に手間がかかるのですが、それを考えるとこの米国種は耐病性がとても強い分栽培はかなり簡単で味も欧州系に比べて甘くて濃い味なので、今でも生産者に根強い人気があります。

味の濃さを活かしてジュースや加工品におすすめです。ジュースで言うとコンコードという品種が有名ですね
しかし米国系の病気の強さを引き受けた欧米雑種が出てきてからはそちらの方に人気が傾いていまして
今では、欧米系は家庭菜園用に苗木はホームセンターで見かけることが多くなりました。

代表的な品種は
緑 ポートランド、ナイアガラ
黒 スチューベン、コンコード
赤 デラウエア








欧州系
この欧州系は原産が欧州なので、欧州といえば雨が少なくて晴れが多いそんなイメージだと思います。
そんな雨の少ない所で育っているのでで米国種と比較してとても病気に弱いです。
特に雨に当たるのがダメで雨に当たるとすぐに黒とう病(こくとう病)という病気になってしまい予防のための農薬散布が大変です。

耐病性以外にも日本で栽培するときに問題になることが多く、とても手がかかるのですが
味はとても美味しくて、糖度が高く、酸味が低くて、米国種より大粒で皮が薄い物が多いです。
ですので雨の少ない山梨や、ハウス栽培ではよく利用されています。

この種の多くはワイン用になっていますが、日本ではほとんどが生食用です。
一時期欧米雑種が多かったのですが最近になって、この欧州系が息を吹き返してきました。
代表的なものがシャインマスカットやマスカットオブアレキサンドリアです。

緑 シャインマスカット、アレキ、ロザリオビアンコ
黒 ブラジル、ウィンク
赤 サニードルチェ、甲斐路




欧米雑種系
この欧米雑種と普通のブドウ(欧州系や欧米系) との違いは普通のブドウが2倍体なのに対し
ほとんどの欧米雑種が4倍体というちょっと違った種です。

普通のぶどうがある時変異して2倍の染色体を持つようになりました、それが4倍体なのですが
染色体数が2倍になった分植物体も大きくなって実が2倍体より大きくなりました。

その大きくなった4倍体の欧州種と米国種を掛け合わせてできたのが欧米雑種系です。
しかし稀に2倍体同士の欧州種と米国種を掛け合わせた品種もあります。(マスカットベリーA等)

病気に強い米国種と味の良い欧州種を掛け合わせたので病気にそこそこ強い味の良い系統です。
ただ余りにも樹の勢いが強いために花ぶるいといった受粉せずに実が落ちてしまう現象が起きてしまいます。
それを防ぐためにはジベレリンという植物ホルモンを使わないといけません。

家庭菜園等では少々手間がかかることとジベレリンのタイミングが難しいので、よくバラバラの房になってますね。
ですので家庭菜園の場合は少しコツをつかむまではきれいな房にするのが難しいです。
ただジベレリンのタイミングを覚えれば耐病性もそれなりに強いですから、大粒の美味しい物が取れます。

代表的なものが以下になります。
緑 翠峰
黒 巨峰、ピオーネ
赤 シナノスマイル、クインニーナ



マスカディニア(マスカダイン)
今まで紹介したブドウはブドウ属ですがこのマスカディニアはマスカディニア亜属でブドウ属とは少し違います。
ですので、特性も少し違っています。

この種は熱帯性のぶどうで暑さには強いようですが、寒さに弱いようです。
ですので日本では沖縄くらいしか栽培できないようです。

しかし熱帯の果物が病気に強いようにこの果物も普通のブドウより病気に強い可能性があります。
さらに樹皮がとても固いらしくブドウでよく出るカイガラムシを出にくくすることができるかもしれません

カイガラムシは樹皮の下で越冬しますから樹皮が固ければカイアガラムシが入り込む余地がないかもしれませんので。
他にも問題になる害虫でブドウ根アブラムシ(以下フィロキセラ)というものがありますが、このフィロキセラにかなりの抵抗性を持っているようです。

また独特の香り(ムスク臭)があるようで、もしかしたらマスカットに近い匂いかもしれません。
味も良く、糖度もそこそこ高くなるようなので、病害虫に強いマスカットになれる可能性を秘めています。

ただ、前述したように耐寒性がないこと、挿し木が難しいこと、交配が難しいことなど問題は多いです。
ですが一部で交配に成功した例があるようで、マスカディニア種を花粉親にブドウ属を交配すれば
成功するようです。

そうなれば、耐寒性、病害虫に強いマスカットを作ることができるかもしれませんン。
ちなみにマスカット系は比較的病気に弱いほうで栽培が難しいです。(シャインマスカットは例外的に強いです)







日本固有種

日本固有種はいくつかの品種があって、どれも現在栽培中のブドウより小粒で酸味が強く、加工品やワインなどに向いてることで
ワイン用の育種素材として利用されています。
ですのでその中でも有望そうな育種素材が3つほどありそれを紹介します。
また雨の多い日本に順応してますから、病気にもとても強い特徴があります。

ヤマブドウ・・・ヤマブドウはかなり耐寒性が強く現在の栽培種よりもかなり強いようです。
        そしてワインに必要なタンニンが多く府いるようなのでワイン用の交配品種としていくつか使われているようです。
        ヤマブドウ自体もワイン利用がありますが雌雄が一緒ではないので雄株と雌株を 植える必要があります。
        交配例 ヤマ・ソーヴィニョン(ヤマブドウ* カベルネ・ソーヴィニョン ) 


リュウキュウガネブ・・・この品種はアントシアニンが多いのが特徴でとても濃い色のブドウになります。
            ですのでこちらもワイン用の育種品種です。
            しかしこのほかにも休眠が極端に短いという特徴があって
ワイン用以外にもハウス栽培用で生かすことができるかもしれません。
           交配例 香大農R-1(リュウキュウガネブ*マスカットオブアレキサンドリア)

シオヒタブドウ・・・この葡萄は野生種の中ではとても糖度が高く、現在の栽培種と同じくらいの糖度17度くらいになるみたいです。
          そして病気に強いわけですから上手くやれば病気に強い生食用ブドウや極甘用のワイン品種等を作れるかもしれません。 
          交配例なし

今回は以上です。マスカディニアや日本固有種は情報が少なく、認知度がまだまだ低いですから
皆さんに知って頂ければと思います。

アクセスランキング












関連記事


ぶどうの品種の調べ方 最新品種から昔の品種まで 作り方や味、形など

ぶどう 新品種紹介マイハート 大粒で赤いハート形のブドウ

ぶどう新品種 ハート型のぶどう マイハートの 栽培について② 病害虫や生育について

ぶどう 新品種紹介 マイハート 色付いてきたので食べてみました。

ぶどう 新品種紹介マイハート 大粒で赤いハート形のブドウ 苗木について

赤いシャインマスカット 新たに誕生  ぶどう王国山梨県が育種しました!

ぶどう マスカット系品種の記事まとめ これを見ればマスカットに詳しくなれます!

マスカットオブアレキサンドリアと日本最古の国営ワイナリー播州ブドウ園について

ぶどう 新品種 涼香 お盆に出せる早生の食味抜群な黒いマスカット 品種特性について


ぶどう 超希少 皮ごと食べれる黒いマスカット 新品種 2つ紹介


ぶどう お勧め美味しい10品種 赤黒緑それぞれ


ぶどう 新品種紹介 ブラックフィンガー 皮ごと食べれる漆黒の高級ブドウ品種



新たなジャンルを開拓したいあなたへ


今が買い時! カンキツ 糖度が高く美味しい新品種をまとめて紹介その1 苗木も買えます!


今が買い時! カンキツ 糖度が高く美味しい新品種をまとめて紹介その2 苗木も買えます!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル