FC2ブログ

記事一覧

糖度19度まで出したイチゴ農家が教える 美味しい大粒イチゴの 作り方 露地植えでもプランター植えでも

こんにちは、こちらはすごい雨風でハウスの中もびしょびしょですが皆さんは大丈夫でしょうか?
今回は美味しくて大粒のイチゴの作り方です。
コツさえつかめばいちご狩りに行かなくても美味しいイチゴは食べれます。


これは前作の時のイチゴです。
糖度19度までいった私を信じて美味しいイチゴを作りましょう!



①プランターが良いのか露地植えがいいのか
イチゴは冬に栽培していますが、あまり寒い所だと成長が止まってしまい実が付くのが春になってしまうので
雪が降るような場所ではプランター植えがいいと思います。

逆にある程度温度がある地域でしたら露地植えで上からビニールでトンネルをすれば冬の間にはいくつかとれと思います。
寒い外で育てるためプランター植え等の家で栽培してる状態より収穫まで時間がかかりますが
根が張るスペースが多い分実が大きくなり、ゆっくり成長した分甘みも増します。




苗について
苗はホームセンターで買うもので十分ですが、ホームセンターの苗は始めのうちはきれいですが
時期がたつにつれ悪い物が多く病害虫が目立つようになりますので、植え付ける前に買って置いてても大丈夫ですから

早めに買った方がいいと思います。その場合は水やりだけはしっかりして日が当たるところに置いておきましょう
品種は好きなものでよいですが、実が大きくなるものとして紅ほっぺがオススメです。

良い苗というのは葉っぱの色が他に比べて淡くなっていなくて(葉色が濃すぎない)、茎が太い物で根がしっかり張っているものを選びます。
土がポットから崩れる用ではしっかり根が張っていないので、土が崩れないような根がしっかり張っている物を選んでください。

植え付けについて


露地植の植え付けは品種によりますが、だいたい9月中旬くらいで10月までには植えといた方がいいですね。
露地の場合はマルチフィルムをして植えれば、雑草も抑えれますし、地温も上がって良く育ちます。

ポットでの植え付けは一番のベストは9月中旬ですが、プランターは家の中で温度を保ちやすいので
それ以降でも大丈夫です。

ただ時期が遅くなればなるほど、ホームセンター等の苗は劣化していきますから、注意が必要です。
プランター植えの場合、プランターに植えてもいいですが、イチゴは縦に根が張りますから

浅くて横に広いプランターよりもできれば少し大きめポットの方がいいと思います。
ポットに植える場合は中央に植えるのがその後の管理がしやすくよいです。


例えばこのポットくらいの大きさがいいと思います。
これは7号ですが、5,6号の鉢でも大丈夫です。

またこのタイプは受け皿があるのも良いですね。
受け皿があったほうが後々の管理は楽ですし、成長にも影響してきます。

無くても大丈夫ですが、私はあった方がいいと思います。
特に水やりがめんどくさいとか、忘れがちな方にお勧めです。

またポットのするにしてもプランターにするにしても土がいりますが
土は水はけがよいもにより水持ちが良い物を選びましょう

庭があるような人は庭の土をかき集めてポットに入れてもいいです。
市販の土は多くが水はけを重視していますが、
イチゴは水の供給量が多く、乾燥すると生育が悪くなり実も大きくなりません。

ですので、乾いてるより、湿っている方が大事ということです。
なので受け皿をお勧めしていることもあります。
植えた後はたっぷり水をあげましょう



   
植えた後の栽培管理
植えた後はしっかり肥料と水をあげます。
肥料は化成肥料を数グラム与えるくらいでなくなればまた足します。

受け皿がある場合は受け皿にたっぷり水を溜めて無くならないようにします。
地面が湿っていれば肥料も溶けるはずですから肥料が溶けてない場合は水やりが足りない可能性があります。

受け皿がない場合や露地植えは土が常に湿っているようにしっかり水やりをします。
その時肥料が溶けるように肥料に向かって水をあげます
これを花が咲いて緑色の小さな実ができるまでします。

イチゴの実を大きくするには
①細胞の数を増やす ②細胞の肥大を促す この二つが大事です。

まず①の細胞の数を増やすには花が咲く前にしっかりイチゴの葉を育てることです。
細胞の数は花が咲くころにはすでに決定していますから、それまでにしっかりとイチゴを育てる必要があるのです。

そして②の細胞の肥大は肥料もそうですが水も大事です。
イチゴの実の90%ほどは水分でできていますから、水が不足すると実が大きくならないのです。
ですので大きな実を採りたい場合はしっかり水をあげてください。

そしてここからは美味しくする方法です。
まず実が緑色の小さいのが出来るまでは肥料をあげると言いましたが
それ以降はほとんどあげなくても大丈夫です。(まったく成長が見えない場合は少し肥料をあげましょう)

それは肥料をあげれば成長が早くなる=実の成熟も早くなるので糖分が乗る時間が短くなってしまいます。
イチゴ農家として栽培しているのであればある程度味を落としてでも
成長させないと収穫まで時間がかかりますが

家庭菜園の場合はじっくり待って美味しい物を食べたほうが得だと思います。
これは温度にも言えることで、昼間の温度や夜の温度が高くなりすぎると成長は速くなり、実が取れるまでも早くなります。
しかし本当に美味しい物がとりたい場合は実が緑色の小さい状態になるまではどんどん温度が高くてもいいですが

それ以降は昼間20度程度、夜は0度以上10度以下くらいがいいですね。
またイチゴはよほど寒い限り枯れることはないので夜は暑くするよりかは寒くする方がいいです。(-10度くらいなら全然枯れません)

今回はこれで以上です、これで皆さん美味しいイチゴを味わえればと思います。
もしわからないことがあったら何でも聞いてください。
今回の内容以外の事でも大丈夫です!




 







関連記事


イチゴの最新品種あまえくぼの苗の購入先について

農家が選ぶ 美味しいイチゴの品種5選

糖度19度まで出したイチゴ農家が教える 美味しい大粒イチゴの 作り方 露地植えでもプランター植えでも

イチゴ 兵庫県オリジナル新品種 あまクイーン 紅クイーン 

アオハタが育種した理想の品種で作る絶品の国産ジャム 新品種夢つづき使用

イチゴの定植が終わりました。 今年度イチゴの品種の紹介も

イチゴ 最新品種 紹介 あまえくぼ 国育成の糖度が高く大玉の病気に強い早生品種

絶品!フルーツで美味しさの頂点!超大粒イチゴ おおきみ 作りこなすのもかなり難しいです。

1粒5万円!?美人姫の片親だと言われている濃姫の紹介 大粒で高糖度のイチゴ


フルーツ農家厳選! お歳暮に贈りたい美味しくて健康に良いフルーツ紹介 その1

フルーツ農家厳選! お歳暮に贈りたい美味しくて健康に良いフルーツ紹介 その2

果物狩りにいくならブドウ狩りへ

新たなジャンルを開拓したいあなたへ


ぶどう 品種紹介 サンヴェルデ さわやかな味の巨峰系 育て方 苗木

ぶどう 新品種紹介 翠峰  大粒甘くてジューシーな緑色品種 育てた方 苗木




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル