FC2ブログ

記事一覧

皮ごと食べれるマスカットオブアレキサンドリアの可能性

こんばんは、今回はマスカットについてです。
マスカットの事は以前記事にも書きました、その時は種無しについてですが
今回は皮ごと食べれる可能性についてです。

以前の記事についてはこちらから

種無しのマスカットオブアレキサンドリア







まずブドウの皮ごと食べれるということについてですが、
皮ごと食べれるという基準はなんでしょうか?

普通に考えれば皮が口の中で違和感なく食べれることと、皮に渋みがないことが基準になると思います。

ただこの基準でいくとみなさんご存知のシャインマスカットは皮ごと食べれますが
若干皮が口の中で残るので違和感があるといえます。

しかし実際にはみなさん皮ごと食べてますし、どこでもそのように扱っています。
だとしたらシャインマスカット以上に皮が食べにくい物は皮ごと食べれないという基準にすると

皮ごと食べれる品種というのはぐっと多くなります。
その中でも紹介したいのがマスカットオブアレキサンドリアです。

まず今年いろんな品種を栽培しましたが、皮ごと食べれるものもあればそうでないものもあります。
その中で気付いたのが、樹に長く置いておけば置いておくほど皮の薄さという物は薄くなっている気がします。

ブドウという物は収穫期を過ぎても樹に置いておくと果肉はどんどん柔らかくなっていきます。
もしかするとそれと同時に皮も柔らかくなってそれが皮の薄さに繋がっていのかもしれません。

細胞が若いうちは硬いのですが、細胞が歳をとる内に柔らかくなっているのかもしれません。
細胞がどんどん柔らかくなっているから、その柔らかい細胞は病気にあいやすいと考えると辻褄が合います。

細胞の柔らかさと病気のリスクというのはとても関係深いもので
窒素を多量にあげると細胞が柔らかくなるので、病気の元の菌が侵入しやすく病気に合いやすいようです

ですので、老化による皮の軟化とういうのが皮ごと食べることに貢献しているのだと思います。
特に緑のブドウは遮光率が高い掛け袋をつけて緑色を維持しますが
掛け袋を付けない状態で黄色くした方が皮の軟化が進んでいるように思えます。



もう一つは細胞の肥大です。
細胞の肥大というのは果実が色づく頃にはほぼ止まってますが
完全に止まるわけではなく、少しは肥大が続くようです。
それが実割れの原因になったりするわけです。

ここで風船に例えて説明すると

風船が細胞だとして風船に空気をいれれば入れるほど膨らみます、そうすると風船はどんどん薄くなりますよね。
細胞も同じように膨らませれば膨らますほど薄くなります。

つまり風船のように細胞を肥大させれば、皮が薄くなるのではということです。

この細胞の肥大をうまく使えばさらに皮が薄くなる可能性があるということです。
ではどのように細胞を肥大させるかというということになりますよね。

細胞の肥大にはしっかり肥料を上げることです。
細胞が肥大している時期にしっかり肥料を効かせることによる、大粒になります。
大粒になればなるほど皮が薄くなるはずですからね。
ただ普通の皮が薄いブドウですとあまりやりすぎると実割れの原因になりますが
幸いにもマスカットオブアレキサンドリアは晩生で実割れが置きにくい珍しい品種です。
ですので、どんどん粒の肥大化を進めてあげるといいでしょう。


そして肥大化のもう一つのやり方がジベレリンです。
以前も紹介しましたが、マスカットオブアレキサンドリアはジベレリンが効かない数少ない品種ですが
アグレプトを使うことによって種無しになります。
肥大についてはまだはっきりとしていませんが、フルメットとジベレリンを使えばしっかり大きくなると思います。

ですので、結論としては

①しっかり成熟さえて、細胞を老化さえる事による皮の軟化
②遮光率が高い掛け袋をかけずにできるだけ光を房に直接当てることで果皮が黄色になり、老化を促進する。
③肥大期にできるだけ肥料を効かせて細胞をできるだけ肥大さえることによって皮を薄くする。
④ジベレリン、フルメットの肥大効果で、細胞をさらに肥大させる。


この4つをうまく使えばマスカットオブアレキサンドリアもシャインマスカットと同等の皮の薄さになると思います。
ただジベレリン、フルメットの肥大効果は今の所まだはっきりと確認できていませんから、
また結果が出た時に紹介したいと思います。

いずれにせよ私はこの方法で来年マスカットオブアレキサンドリアを栽培してみて種無し皮ごと食べれるマスカットオブアレキサンドリアを作ってみようと思いますから、その時にすべてがわかると思います。



献上桃 ご家庭用 訳あり 3kg(8〜14玉) 献上桃の里福島県桑折町



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル