FC2ブログ

記事一覧

ぶどう新品種 シャインマスカット 種あり 病害虫 栽培マニュアル 赤いシャインマスカットも紹介

こんにちは、今回はシャインマスカットについて色々紹介していきます。
シャインマスカットについて知りたい方が多いようで私のブログにもよくシャインマスカットというワードでアクセスされています。

ですので、今回シャインマスカットについて皆さんが知りたいであろうことを検索結果から予想して考えました。
そして選ばれたのが 種無しについて 病害虫について 栽培マニュアルについてと 
新品種の赤いマスカットについて紹介していきます。




シャインマスカットの味や特徴
シャインマスカットとは国の研究機関である農研機構が安芸津21号白南を交配してできたほぼ欧州種です。
ほぼというのはシャインマスカットの交配親である安芸津21号スチューベンマスカットオブアレキサンドリアを交配した品種で

スチューベンは米国種の品種ですのでシャインマスカットにも若干米国種の血が入っているのでほぼ欧州種という事です。
米国種は病害気に強くその血が入っているシャインマスカットも純欧州に比べてかなり病害虫に強くなりました。

粒の色は緑色で綺麗なエメラルドグリーンでとても綺麗です。
大きさはピオーネ等に比べるとやや小さくくらいですね。

味は甘みが強く酸味が少ないです。糖度も高くなりますが、それ以外にもこの品種自体が持っている甘さがあり
糖度以上に甘く感じますね。

一番の特徴は強烈なマスカット香ですね。
ここまで強いマスカット香がある品種はとても少なく、消費者にもとても人気ですね。

皮は薄く皮ごと食べれますが、若干口の中で残る感じはします。
収穫期は幅広く8月あたりから10月あたりまで産地をまたぎながらスーパー等に並んでいますね。

シャインマスカットの種ありについて


シャインマスカットという品種は種が抜けにくく種無し処理をしても種が残ることがまれにあります。
逆に言うと種を残しやすいということでもあります。
ですので、ピオーネや巨峰等の種あり栽培がほぼ不可能な品種と違いシャインマスカットは種有でも栽培しやすいです。

種あり栽培にすると収穫期は2週間ほど遅くなります。しかしその分実に長い事養分を溜めれるので
種無し栽培に比べて糖度が上がり美味しくなると言われています。

しかし元から収穫量が多すぎる場合はいくら美味しくなると言っても分散する量が多すぎれば
糖度も分散して1房辺りにあまり糖度上昇がみられませんから、適正収量を守りましょう。
着色がある品種は収量オーバーだと色付きが悪くなるので、見てすぐにわかるのですが
緑系の品種は着色がなく、早どりや収量オーバーがよくありますので特に気を付けてください。


病害虫について
シャインマスカットは病害虫にはそこそこ強く栽培はしやすいので家庭菜園でもオススメですが
一つだけ弱い病気があります。それが黒とう病で、雨に当たると結構な確率でなります。
特に5月から6月の雨が多い時期はかなりなりやすいので防除を徹底した方がいいです。
できれば雨除けなどで枝や葉に雨が当たらないようにするのが1番です。
それだけで防除回数は半分以下にできます。
この病気になると葉が病気になるだけでなく枝にも病斑がでて
最悪の場合、枝が枯れてしまうときのあります。ですので病気の中でのかなり気を付けないといけない種類の病気でもあります。

その他の病害虫についてはそこそこ強く
純欧州種が成りやすい、べと病、褐斑病、晩腐病には強いと思います。
害虫についても慣行防除で十分防げるはずです。

栽培マニュアルについて
シャインマスカットは多くの生産者が作っているだけあってマニュアルの沢山あります。
沢山あるだけに迷うかもしれませんが、私のお勧めはこのシャインマスカットを育種した農研機構のマニュアルです。
また農研機構のホームページには各県の農業試験場が調べたシャインマスカットについてのデータも載っていますからそれも参考にすればいいと思います。

マニュアルについてはこちらから
新技術を導入した「シャインマスカット」栽培マニュアル

「シャインマスカット」の栽培方法




赤いシャインマスカットについて

今年に発表された赤いシャインマスカットにが2品種あって長果11と神紅です。

いずれも発表された県限定栽培ですが、どちらの品種もシャインマスカットを交配した品種で
マスカット香がある皮ごと食べれ赤い品種です。

長果11について

 これは以前から紹介している品種です。長野県限定の栽培ですが、とても美味しそうな品種なので
いつか食べてみたいですね。

詳しくはこちらの記事からどうぞ。
長野県ぶどう新品種「ぶどう長果11」 今なら名付け親になれるかも?

長野県ぶどう新品種「ぶどう長果11」 について公募終了しました。


神紅について

ぶどう 新品種 神紅
島根県ホームページより引用


こちらは初紹介ですが、皮ごと食べれる赤いマスカット系の品種です。
こちらも島根県での限定栽培ですが、とても美味しそうで早く食べてみたいですね。
この神紅はシャインマスカットベニバラードを交配してできた品種の様ですね。
ということは2倍体の欧州種ですね。
しかし両親ともに栽培しやすい品種ですから作りやすそうではあります。
ベニバラードは綺麗な赤色になる品種で糖度も高くなりますし、とても美味しいです。
さらにシャインマスカットをかけたことによってその美味しさをうまく引き出せた
赤いシャインマスカットになっていると思います。

神紅については島根県のホームページにもう少し詳しい情報が載っています。
島根県ホームページ



今回は以上です。2品種とも皮ごと食べれてマスカット香があると最近の流行にしっかり乗っていますね。
食べれるようになるには早くても3年ほどかかると思いますが、とても待ち遠しいですね。
できればスーパー等で買えるようになってほしい物です。






















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ果物美味しい品種を厳選しました。

サンプル



果物でも1,2を争う人気品種でどちらも皮ごと食べれます。 濃厚な味のナガノパープルと、甘いマスカットのシャインマスカットどちらも味わうことが出来ます。 ブドウもシーズン終盤ですので、今年のブドウ食べ納めに最高の一品をどうぞ。

プロフィール

oisiikudamono

Author:oisiikudamono
兵庫県の南側で農家をしています。
主にイチゴとブドウ等の果物を栽培していますが、
今までにない新しい品目や最新品種も研究しています。(バナナやビワ、熱帯果樹等)
また果物の機能性や真の美味しさ等食べることに関しても紹介していきます。
インスタグラムもやっていてインスタグラムにしかない画像もありますから
是非ご覧ください!(ブログの右下にあります!)

検索フォーム

フリーエリア

インスタグラム
@taguchi_kudamono

フリーエリア

サンプル